in ,

ボストンに行ったら絶対行きたいシーフードレストラントップ10

Top 10 Seafood restaurants in Boston

ボストンに行ったら絶対行きたいシーフードレストラントップ10
古くから港町として栄えた歴史のあるボストンでは、シーフードは地元に根差す郷土料理です。ボストン名物の代表といったらクラムチャウダーというのは、知らない人はまずいないくらい有名ですよね。さて、他にはどんなシーフードが地元で食べられているんでしょうか。ボストンで人気のトップ10を早速ご紹介します。

ネプチューン・オイスター – Neptunes Oyster Bar
有名店の前に行列ができるのは日本だけではありません。このお店は、アメリカでは珍しく行列ができるほど大人気なんです。ボストンらしい雰囲気が満喫できるおしゃれな店内で、鮮度抜群の海の幸をボストン流の料理でいただきます。牡蠣やロブスターだけではなく、タコや青魚など日本でおなじみの魚介もゴージャスに料理されます。シーフードにおけるボストンの実力をこれでもかというほど味わえますよ。また、ジョニーケーキも地元の人に愛される手堅い一品。もともとジョニーケーキというのはアメリカの伝統料理で、デザートではなく食事として頂きますが、これをネプチューン流にアレンジしたのがとても人気です。ボストンらしさをたらふく味わいたいなら絶対ここ!

giant Alaskan sea urchin

A post shared by Neptune Oyster (@neptuneoysterbar) on

お店の情報:
63 Salem St,
Boston, MA 02113
www.neptuneoyster.com
電話: 617.742.3474
www.instagram.com/neptuneoysterbar/
twitter.com/neptuneoysterma

オストラ – Ostra
レストランのプロデュースにおいてボストンでは名の知れたチェッド・ジェイミー氏によるシーフード・レストラン。洒脱で洗練された店内は、ウェディングパーティーや祝賀会など記念すべきイベントの場としてもよく使われます。店名のオストラとは、イタリアにある地方の名前で、料理は地中海の影響を受けたヨーロピアン・スタイル。予算に余裕があるなら思い切ってオストラへ。値段相応の満足度を得られることは間違いなし。なんといっても、地元で著名なレストラン・プロデューサーが手がけていますから、ご心配なく。

お店の情報:
1 Charles St S,
Boston, MA 02116
www.ostraboston.com
電話: 617.421.1200
www.facebook.com/ostraboston
twitter.com/ostraboston
plus.google.com/103285108115141234679
www.instagram.com/ostraboston/
www.pinterest.com/ostraboston/

マーレ・オイスター・バー – Mare Oyster Bar
ボストンの中でも歴史情緒あふれる北部のまちにあるこのお店、地元では本格的なシーフード店として味には定評があります。グリル料理を中心としたシーフード料理、イタリアン・スタイルで鮮魚をいただくクルード、お酒を飲むのが中心のオイスターバー、という3つが売りです。店頭には、ボストン港で引き揚げられた新鮮でゴージャスな魚介(カキ、ロブスター、カニ、貝類、カレイなど)を豪快に陳列しています。カキだけでも何種類もあるんですよ。アメリカの漁港町らしい光景で、見たらもう目が輝いてしまうくらいおいしそう!
魚介に合うお酒も自慢で、ワインやカクテルなど豊富に取りそろえてあります。ボストンで、地元の人に愛される魚介を堪能しながら一杯やり人はぜひここへ。

I miss you, my fellow oyster maniac @alla_e ♥️ #oystergram

A post shared by Sofya Serna Perez (@sofya_serna_perez) on

お店の情報:
223 Hanover St,
Boston, MA 02113
www.mareoysterbar.com
電話: 617.723.6273
www.facebook.com/mareoysterbar/

ビー・アンド・ジー オイスターズ – B&G Oysters
こちらはボストンの南に位置し、上で紹介した漁港町のマーレ とは違った趣のレストラン。おしゃれで高級感のある「特別な日」向けのお店です。コース料理が充実しているのでデートや会食などではよく使われます。魚介料理の種類は豊富で、苦手な魚介があ人と行っても、おいしく頂けるものが見つかるはず。カキの種類はなんと20前後をそろえていて、好きなものを1つから注文できます。おしゃれな街にあり、店の雰囲気、音楽、料理とすべて高級感のあるリッチなお店ですが、バーガーを食べることもでき、予算があるならランチにでもディナーにでもぜひ試してみてください。

お店の情報:
550 Tremont St,
Boston, MA 02118
www.bandgoysters.com
電話: 617.423.0550
twitter.com/BandGOysters
www.instagram.com/bandgoysters/

ザ・デイリー・キャッチ – The Daily Catch
「その日にとれた新鮮なもの」という店名の通り、地元で獲れた新鮮な魚介をボストンスタイルの料理でいただくことができるお店です。飾らない漁師町の料理屋といった佇まいです。イタリア系移民の地元の家族が経営していることもあり、料理はイタリアの家庭料理も多く、シーフードが主役のパスタ料理などが充実。イタリアンだけあって、お店の人も気さくでフレンドリーに迎え入れてくれます。地元の人がおいしい食事を楽しみに気軽に来る、そんなお店です。地元で愛され続けるこのお店、ボストンに3店舗進出しています。イタリアンとシーフードの組み合わせで、おいしくないわけありません。

お店の情報 ①:
441 Harvard Street,

Brookline, Norfolk, MA 02446
thedailycatch.com

お店の情報 ②:
323 Hanover Street
Boston, MA 02113

お店の情報 ③:
2 Northern Avenue
Boston, MA 02210

twitter.com/thedailycatch
www.instagram.com/thedailycatch/

アトランティック・フィッシュ・カンパニー – Atlantic Fish Company
すてきな雰囲気の中でしっかりした食事をすることができるこのお店、先ほどの『ザ・デイリー・キャッチ』より大衆食堂風ではありませんが、どちらかというとカジュアルなお店です。お店の中も料理も、アメリカのニューイングランド地方らしいテイストです。カキや小柱をベーコンで巻いたり、バターをふんだんに効かせたり、アメリカらしい料理を楽しめます。もちろんボリューム満点なところもこのお店の特徴。テイストの違いは言うまでもありませんが、ボリュームに関してはもう日本のシーフードのお店と比べ物になりませ。オイスター・ロックフェラーという地元料理など、アメリカらしい料理をぜひお腹いっぱい楽しんでください。

お店の情報:
761 Boylston St,
Boston, MA 02116
www.atlanticfishco.com
電話:617.267.4000
www.facebook.com/AtlanticFishCo
twitter.com/afcoboylston
www.instagram.com/afcoboylston/

リーガル・テスト・キッチン – Legals Seafood
その名からはシーフード料理を連想させない変わった名前のレストランですが、こちらも鮮度を売りにしたシーフード・レストランのチェーンです。内装のテイストは、これまでご紹介してきた伝統的なヨーロピアンスタイルや漁師町の料理屋とは異なり、都会的なアメリカン・スタイルといった趣です。カジュアルな食事から、個室でワインを傾けながら高級シーフードを頂くこともできます。ボストンを始め、ニューイングランド地方にいくつも店舗を持つチェーン店ですが、「鮮度や質は高いですよ」と謳っているだけあり、クラムチャウダーはもちろん、生ガキもいただくことができます。サシミも出しているので、アメリカ風サシミを食べてみるのも一興ですね。

Sunday slurps via @onehangrycouple #oysters

A post shared by Legal Sea Foods (@legalseafoods) on

お店の情報:
225 Northern Ave,
Boston, MA 02210
www.legalseafoods.com
電話:617.330.7430
www.facebook.com/LegalSeaFoods
twitter.com/legalseafoods
www.instagram.com/legalseafoods/

ウニ・サシミ・バー – Uni
エリオットホテル内に入居するこちらのバー、アメリカ版居酒屋という趣旨で、にぎりや巻物など寿司風の鮮魚を売りにしています。日本の寿司にインスパイアされたお店のコンセプトですが、内装はいわゆる日本的なテイストをほとんど感じさせず、むしろ北欧っぽい雰囲気になっています。ウニやカキをフレンチの前菜にでてきそうな料理に仕立ててだしたりと、多国籍料理のフュージョンといったメニューになっています。ボストンの一流シェフが作り出す、伝統に捉われない鮮魚の料理、食べてみたいですね!

お店の情報:
370 Commonwealth Ave,
Boston, MA
uni-boston.com
電話:617.536.7200
www.facebook.com/UNIBoston
twitter.com/UNIBoston
www.instagram.com/UNI_Boston/

アイランド・クリーク・オイスター・バー – Island Creek Oyster Bar
お店の雰囲気、料理のおしゃれ度でいったら、ここでご紹介した中でもしかしたらこのお店が一番かもしれません。好みの部分もあるでしょうが、高い天井と、なんとも洗練された店内は、夜だろうと昼だろうと気分が上がること間違いなしのおしゃれ度です!料理のレベルもしっかり高く、地元でとれた旬の食材をふんだんに使っているので、メニューがその時によっ様変わりします。ボストンにいるその時の旬をおいしく頂く、しかもこんなおしゃれなお店で。がっつりカキをお腹いっぱい食べるもよし、カクテルやワインを楽しむもよし。すてきな思い出になること間違いなしですね。

✌️regram @tkimphan

A post shared by Island Creek Oyster Bar (@icobar) on

お店の情報:
500 Commonwealth Ave,
Boston, MA
www.islandcreekoysterbar.com
電話:617.532.5300
www.facebook.com/IslandCreekOysterBar/
www.instagram.com/icobar/

ペスカトーレ – Pescatore
上のお店を絶賛した後にご紹介すると、少し控え目な説明になってしまうのですが、こちらのお店は比較的こじんまりと街に溶け込むような、アットホームなお店です。料理もお店の雰囲気もイタリアンです。シーフードをイタリアンで頂くこと自体、もうおいしいに決まっていますが、お酒も料理もリーズナブルなお値段で楽しむことができるのがこのお店のいいところ。地元メディアの各種アワードを獲得しているという実力派。地元に愛される安定の人気店ですので、味は間違いないですよ。

お店の情報:
158 Boston Ave,
Somerville, MA 02144
www.pescatoreseafood.com
電話:617.623.0003
www.facebook.com/pescatoresomerville/

What do you think?

1 point
Upvote Downvote

Total votes: 1

Upvotes: 1

Upvotes percentage: 100.000000%

Downvotes: 0

Downvotes percentage: 0.000000%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ボストンの博物館/美術館トップ10